Ability
Ability

断熱・省エネ・ZEH

ZEHとは?


使用する電気・ガスなどの一次消費エネルギー量と太陽光発電などで作り出すエネルギーが年間でプラスマイナス「ゼロ」になる住宅のことを、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)といいます。国は、2020年までに標準的な新築住宅でのゼロ・エネルギー化を目指しています。ZEHは2020年には“あたりまえ”の住宅になります。

創エネ×省エネ×断熱≒0
OMソーラーでエネルギーを創る 創エネ

OMソーラーでエネルギーを創る

OMクワトロソーラーは、太陽熱と太陽光の両方のエネルギーを活用するハイブリッドソーラーシステムです。パッシブデザインやOMソーラーなどで建物そのものを省エネ化することは、電気やガスなどの化石エネルギーへの依存度を減らし、自然エネルギーを最大限に活用する家づくりなのです。

エネルギーを上手に使う 省エネ

エネルギーを上手に使う

空調・照明・給湯・換気のエネルギー消費の大きい4項目で、一次エネルギー消費量を20%以上削減します。近藤建設工業ではOMソーラーや省エネ率55%のOMXなど導入することで快適で、健康で、家計にも優しい住まいを提案いたします。

エネルギーを使わない家 断熱

エネルギーを使わない家

断熱性能が優れる家は、冷暖房の効率がいいなど、エネルギー効率が高いことが特徴です。
断熱性能はUA値という指標で表し、地域によって異なるが0.4〜0.6以下をクリアしなくてはなりません。

当社のZEH住宅への取り組み

当社は「平成25年度住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」をはじめとして数年前からZEH住宅を手掛けてきました。また、日本初のZEH住宅事例集にも当社の事例が掲載されています。
JBN(全国工務店協会)では環境委員会及びZEH委員会に属しています。SIIのZEHビルダー工務店として認定されています。

ZEH住宅事例集 当社掲載箇所

現在では全ての物件を「長期優良住宅」はもちろん、「ZEH対応住宅」として基本設計を行っています。お客様のご希望、ご要望により太陽光発電パネルなどの創エネ機器を乗せるだけでZEH住宅とする事も可能です。新築時は住宅のみを建設し、数年後に太陽光発電等を導入してZEH住宅とすることも可能です。また、「地域型住宅グリーン化事業」にも採用されています。

また2020年に向けて当社のZEH住宅の目標は以下の通りとしています。※()の数字は実績となります。

2016年度新築住宅20%(72%)
2017年度新築住宅30%(20%)
2018年度新築住宅40%
2019年度新築住宅50%
2020年度新築住宅42%、
既存住宅の改築8%

BELS(ベルス)とは?

BELS

BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)建築物省エネルギー性能表示制度の事になります。国が推進する新たな住宅の省エネ性能の表示制度で、建物の「燃費」を表したものです。新築と既存建物の双方を対象に、エネルギーの消費量をもとに第三者機関が客観的に評価し、☆の数を1~5つで表示します。

当社のBELSへの取り組み

当社は、快適な住まいづくりへの一貫として、環境にも優しく、「燃費」の良い住宅をお客様にご提案いたします。また、2020年までに当社で建設する全物件でBELSを表示することを目標としています。当社のBELS取得率は以下の通りです。

2017年度ZEH住宅でのBELS取得率100%
BELS評価書
facebook instagram