Maintenance
Maintenance

メンテナンスしやすい家

耐震構法のSE構法と
スケルトン・インフィルの木造ドミノ住宅を
組み合わせたSEドミノが
近藤建設工業の基本仕様

日本の住宅に対する考え方は、「いいものを長く使う」という、
家本来のあり方へと変わりつつあります。
SEドミノは、こうした考え方を先駆的に取り入れ、
住宅の資産価値を保つことを大切にしている
「長期優良住宅」として認定されます。
丈夫で安心な構造に加えて、間取りが変更しやすい設計など、
世代を超えて長く住める家をおつくりいたします。

間取りを自由に変更できるスケルトン・インフィル構造

スケルトン(構造躯体)とインフィル(内装や設備)を分離した構造により、室内に必要な柱は大黒柱1~2本のみとなり、将来的なライフスタイルの変化に応じて、間仕切り壁の撤去・増設が容易にできます。 また、電気や給排水の配線・配管をできるだけ構造躯体内に埋め込まないことで、設備の維持管理や更新が容易にできます。

スケルトン・インフィルの活用例

結婚して、1人目が生まれる仕切らずに広々と使う

子供が大きくなったのでスケルトンインフィルを活かして個室をつくる

子供が自立し、部屋が必要なくなったので、仕切るのをやめてまた広々と使う

間仕切り

間仕切り

室内に必要な柱は大黒柱1~2本だけなので、空間を細かく間仕切ることも、広々と使うことも自由自在。家族の人数やお子様の成長に合わせて、住まいを変化させることができます。

電気配線

電気配線

外周壁沿いの天井下にまわしてある長押状のダクトに電気配線を通してあります。将来的に部屋の用途が変わったときにも、コンセントやスイッチが追加しやすいつくりになっています。

地震に強いSEドミノの
コンクリート基礎

木造ドミノ住宅と一般的なコンクリート基礎を比べてみましょう。
ドミノは外壁と大黒柱だけで家を支える構造なので内部に立ち上がりのないフラットな基礎なのに対し、一般的な住宅の基礎は複雑な立ち上がり。
ドミノと比べれば、材料費と手間が余計にかかっているのは一目瞭然です。

木造ドミノ住宅のコンクリート基礎

▲ 木造ドミノ住宅のコンクリート基礎

一般的な住宅のコンクリート基礎

▲ 一般的な住宅のコンクリート基礎

近藤建設工業のアフターフォロー

近藤建設工業では、出会いから続く信頼関係を社員一同末永く大切にさせて頂きます。「いつも近くに近藤さん。」末永く地元で信頼され続けるからこそ実現できる安心と信頼の保証で、大切なご家族と住宅をお守りいたします。

アフターフォローはお任せ下さい
facebook instagram