zeh_title

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):

 年間の一次エネルギー消費量がネットでゼロとなる住宅。
「エネルギー基本計画において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、
2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」とする政策目標が設定されています。

(経済産業省HPより抜粋)

「一次エネルギー消費量」とは暖冷房、換気、給湯、照明に使うエネルギーです。


ZEHとは?

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。


具体的には・・・
①強化外皮性能基準が一定以上であること。(屋根または天井、外壁等の断熱性の向上)
②基準一次エネルギー消費量から 20%以上の一次エネルギー消費量削減
(①に加え、高効率の設備システムの導入により一般的なエネルギー消費量を20%削減する)
③再生可能エネルギーを導入(容量不問)(太陽光発電設備等の導入)
④再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から 100%
以上の一次エネルギー消費量削減
が求められます。


ZEH概要イメージ図

当社のZEH住宅への取り組み

当社は「平成25年度住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」をはじめとして数年前からZEH住宅を手掛けてきました。
また、日本初のZEH住宅事例集にも当社の事例が掲載されています。
JBN(全国工務店協会)では環境委員会及びZEH委員会に属しています。SIIのZEHビルダー工務店として認定されています。


ZEH事例集当社ページ

現在では全ての物件を「長期優良住宅」はもちろん、「ZEH対応住宅」として基本設計を行っています。お客様のご希望、ご要望により太陽光発電パネルなどの創エネ機器を乗せるだけでZEH住宅とする事も可能です。
新築時は住宅のみを建設し、数年後に太陽光発電等を導入してZEH住宅とすることも可能です。
また、「地域型住宅グリーン化事業」にも採用されています。


また2020年に向けて当社のZEH住宅の目標は以下の通りとしています。※()の数字は実績となります。
・2016年度・・・新築住宅20%(72%)
・2017年度・・・新築住宅30%
・2018年度・・・新築住宅40%
・2019年度・・・新築住宅50%
・2020年度・・・新築住宅42%、既存住宅の改築8%


詳しい内容や施工事例などお気軽にお問い合わせ下さい。