コンセプト

自然エネルギーを生かす

家は建築の技術があれば、全国どこにでも建てられます。
でも、“暮らしかた”はその土地の気候風土によって大きく変わります。

考えてみてください。家をただ建てればいいのでしょうか?
日本は南北に長く、地域によって気候風土が異なるわけですから、極端な話、北海道に建てる家と九州に建てる家がまったく同じ形をしていたらおかしいはずです。
静岡の気候は寒暖の差が小さく、全国的に見れば暮らしやすいほうかもしれませんが、それでももちろん夏は暑く冬は寒いわけで、エアコンのお世話になることもあります。

しかし、前もってその土地の気候風土を意識した家作りをしたらどうでしょう?
夏は、しっかり太陽の光を遮り、風をしっかり家に通す。
冬は、太陽の光を取り入れて暖かく、外の冷たい風を遮断する。
その土地での暮らしやすさをしっかり考えて、エアコンに頼らない家づくりをする。
これが、私たちが考える家づくりへのこだわりです。

自然と暮らすソーラーシステム「OMソーラー」

これからは、太陽で床暖房

真冬の冷たい廊下を裸足で歩きたい。
真夏の昼間でも自然な風の涼しさがほしい。
OMソーラーの家なら、そんな願いを叶えることができます。

OMソーラーは、特別な機械装置を使わずに、屋根や開口部・床など建物そのものの建築的工夫によって太陽エネルギーを利用する「パッシブ・ソーラーシステム」です。
建築家・奥村昭雄(東京芸術大学名誉教授)が考案したこのシステムは、「太陽の熱」と「新鮮な外気(空気)」を使う大変シンプルなソーラーシステムといえます。

エコスカイルーフシステム図

冬と夏、昼と夜のモード転換

OMソーラーは、軒下から取り入れた空気を屋根に降り注ぐ太陽の熱で温め、床暖房やお湯採りに使用し、四季を通して活用できるのが特徴です。冬と夏、昼と夜のモードの転換は、変化する自然に応答しながら、よりよい暮らしをつくり出す工夫といえます。そのコントロールを担っているのはOMソーラー唯一のメカニック部分であるハンドリングボックスです。

冬の昼間モード

冬の昼間モード

屋根で太陽熱を取り込み、コンクリートに蓄熱して床暖房します。


夏の昼間モード

夏の昼間モード

夏の昼は、カンカンに熱くなった屋根の熱気をお湯を採った後に排気します。同時に、MS型ハンドリングボックスの場合は床下換気も行います。


夏の夜モード

夏の夜モード

夜間の涼風を室内に取り込みます。
星空がよく見える土地では夜間の放射冷却に期待できます。



集熱と熱移送で空気をあたためます

OMソーラーは、軒下から取り入れた空気を屋根に降り注ぐ太陽の熱で温め、床暖房やお湯採りに使用し、四季を通して活用できるのが特徴です。冬と夏、昼と夜のモードの転換は、変化する自然に応答しながら、よりよい暮らしをつくり出す工夫といえます。そのコントロールを担っているのはOMソーラー唯一のメカニック部分であるハンドリングボックスです。

集熱と熱移送 図1 集熱と熱移送 図2

太陽の熱を使ってお湯を採る

お湯をたっぷり採れるのもOMソーラーの嬉しい特徴です。
まず、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルを通過するときに、不凍液を循環させて温めます。この湯水を給湯タンクの熱交換器に流すことで熱いお湯を採ることができるのです。
お湯採りの性能には地域差がありますが、春から秋にかけて約30℃~50℃のお湯が採れます。

お湯採り図

床下コンクリートに蓄熱する

立ち下がりダクトを通して送られてきた温かい空気は、床下の空気層をゆっくりと流れ、蓄熱コンクリートを温めながら、適温の微風となって室内に吹き出します。
太陽が沈んだ後は床下のコンクリートからの放熱で床暖房。日中に太陽の熱を床下に貯めておき、その熱を夕方から床暖房に使う仕組みです。蓄熱の部位は床下でなくても構いません。

床下コンクリートに蓄熱する図

RC造・組積造などでは二室をはさむコンクリートの壁に蓄熱するという方法もあります。
床下コンクリート蓄熱はあくまで木造建築の場合に有効な方法です。


ハイブリッドソーラーシステム OMクワトロソーラー

OMソーラーに太陽電池をプラスして、太陽熱+太陽光でゼロエネルギーを達成。
家庭内の暖房・発電・給湯・換気を太陽で実現します。

OMクワトロソーラー 太陽電池モジュール

建物一体型の美しいデザイン

太陽電池モジュールは、屋根葺き材に半埋め込みで施工する建築一体型。OMソーラーの集熱パネル部分とサイズをあわせることにより、すっきりと効率のよい設置が可能になりました。黒色で屋根に違和感なくフィットします。


太陽エネルギー利用により、ゼロエネルギー達成へ

太陽電池は発電効率が最も高い単結晶シリコンのモジュール(パネル)を採用。OMクワトロソーラーでは、太陽電池モジュール部分で太陽エネルギーの12.8%(最大出力112W)を電池として、22%を熱(温風)として利用することで、太陽エネルギーの34%を利用できます。更に、温風として得られた熱は、回収されてOM集熱パネルでさらに加熱され家全体の床暖房や給油に利用します。こうした太陽の熱と光のハイブリット利用により、OMソーラー+3.92kWhの太陽電池モジュールのOMクワトロソーラーでは家庭内でゼロエネルギーが達成されます。(OMソーラー(株)のシュミレーションSunSonsにて計算)。

年間エネルギー使用量比較

計算条件 ●省エネ基準+αの家/延べ床面積:120m2/建物Q値:1.92W/m2K(次世代エネルギー基準Q値2.7W/m2Kより断熱性能を20%以上向上させた建物)/導入設備:エアコン、ガス給湯器 ●OMソーラーの家/導入設備:「省エネ基準+αの家」にOMソーラーシステム(暖房・給湯・換気)、高効率エアコン、太陽熱利用エコキュート、LED照明機器を導入。 ●OMクワトロソーラーの家/「OMソーラーの家」に専用太陽電池モジュール3.92kWを導入。 ●提案住宅の冷暖房負荷算出方法/OMソーラー株式会社製の住宅温熱環境シミュレーションソフトSunsonsV5による。年間冷暖房負荷の計算方法を用いて評価する方法。(特別評価方法認定国住生第156号)/建設地:静岡県浜松市/発電量計算の日射量は、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の全国日射関連データマップMONSOLA05(801)を使用。/給湯、照明、その他の一次エネルギー使用量には、(独)新エネルギー産業技術総合開発機構の住宅建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業、戸建住宅の標準消費エネルギー量より算出。/OM集熱パネル22.5m2、高効率エアコンCOP5.95、基準エアコンCOP3.00、太陽熱利用エコキュートAPF3.2、基準給湯器のエネルギー消費効率0.8、高効率照明110lm/W、基準照明60lm/W。



振り向けばそこに、私たちはいつも居ます。
魂のオーダーメイド
圧倒的な技術力の数々

自然エネルギーを生かす
幅広い施工フィールド