スマートフォン   近藤友一

スマートフォンが故障しました。さあ一大事です。丁度東京に出張の日でした。メールは見られない。地下鉄の路線図は見られない。なにより新幹線の予約が出来ない。スケジュールを確認できない・・・・・出来ない事だらけです。

もう大変です。生活のほとんどの部分でスマートフォンに依存しているのを実感しました。修理に出せば「初期設定に戻します」と言われます。データーが!まず修理に出す前にデーターをバックアップすることを考えました。パソコンに繋ぎバックアップしようとしましたがそれも無理。マイクロSDカードに入っているデーターは大丈夫でしょうが、その他のデーターが無くなると・・・心配でたまりません。スケジュールはパソコンに同期してありますので大丈夫だと思いますが名刺データーが困ります。

でもバックアップできない。仕方なくショップに行きました。「本体は問題有りませんが、アプリが悪さをしているようですので初期設定に戻します」 予想通りの回答です。データーのバックアップをお願いしましたが無理!

あきらめました。初期設定に戻しました。

直りました。でもデーターが・・・

電話帳は復帰しました。名刺やスケジュールなど多くのアプリはクラウドでデータが復帰しました。メールの設定、その他のアプリの設定と一日がかりで復帰しました。でも少し恐ろしさが湧いてきました。データーがクラウドで入っているということは一歩間違えるととんでもないことになります、個人データーが飛散してしまいます。管理をしっかりしなければ!恐ろしい!

ちなみに待ちうけ画面も入れ直しました。画面は昔訪れたイラン旅行の写真です。イランは核開発の疑惑で問題になっている国ですが、まだ観光客が少なく、訪れた人々に対してとても親切な国です。イスラム教のシーア派の国です。シーア派はスンニ派と比べて寛容な部分があります。頭のショールもおしゃれな感じで若い人々はいろんな色や柄で飾っています。

スンニ派はISで有名なイスラム教に対して厳格な宗派です。ユダヤ教とキリスト教とイスラム教はその原典は旧約聖書です。原典は同じなのにどうして仲がこんなに悪いのか?

イランの女性でも正式なヒジャブと呼ばれるものを被り敬虔な人々も多くいます。

美しい女性が多くペルシャのお姫様のようです。女性の中で鼻に絆創膏ののようなものをしている人々がいます。鼻の整形手術をしているのです。鷲鼻を削って綺麗な鼻に整形しているのですが、日本人にとってはうらやましいものです。

スマートフォンの話からちょっとそれましたが、とにかく個人情報は注意しなければなりません。

近藤建設工業  近藤友一