中国出張  近藤友一

先週末から中国の上海に出張で出かけました。静岡空港まで車で会社から35分、車を空港の駐車場に置き徒歩2分で空港到着。駐車場代は無料。なんとも便利になりました。便数も昔より多くなり上海出張は国内出張と同じくらいの気持ちで行けます。

今回も家具の打合せで出かけました。日本のホテルの家具を数多く製作している家具工場を訪れ打合せです。

打合せも終了し、お茶の時間です。

そして仕事も終了し上海市内を散歩しました。

中国はニセモノが大変沢山あります。これはおもちゃの”レゴ”です。

本来は”STARWARS"ですがSが多い”STARSWARS"となっています。以前は本来の名前で出ていましたが少し遠慮して名前をかえています。でも明らかにニセモノですからまだまだニセモノ文化は治りません。

中国では貸ビデオ屋さんがありません。堂々とニセモノのビデオを売っています。地下鉄の駅ビルのユニクロの隣のビデオ屋さんでは多くの人々が買っています。ユニクロの隣にある店ですから店構えも立派です。一枚当たり12元ですから190円くらいでしょうか。貸ビデオ屋さんはそれでは商売が成り立たないのも当たり前です。

マンション街ですが、省エネはあまり関係ありません。東京の山手線の中にあたる上海のマンションは1棟1億円以上です。東京より高いマンション価格です。日本の駐在員が借りているマンションの家賃は40万円/月以上との事です。広さは70㎡位、マンションの価格以前の日本のバブルの時以上の価格です。いつかはじけると思っていましたがはじけません。国がはじけないようにしているのでしょうか。

とにかく異常な価格です。

中国の現状を見ているととにかく先行き何が起こるのか?

これからの世界経済の中で目が離せない国です。

近藤建設工業  近藤友一