中国出張  近藤友一

中国上海に先週出張していました。先週の土曜日帰国しましたが、翌日の日曜日に上海浦東国際空港で爆発がありました。爆発は浦東国際空港の第2ターミナルで起こりましたが、恐ろしい出来事です。ISのテロは全世界に広がりどこでテロが起こるのか予想がつきません。空港のチェックも厳しくなりましたが、今回のテロはチェックインカウンターに爆発物を投げ込んだとのことで、チェック以前の出来事でした。

今回の出張はホテルで使用する家具の検査です。日本のホテルの家具を数多く製造している工場に試作品をお願いしその検査に行きました。

静岡空港から上海まで約3時間。国内の出張とあまり変わりはありません。静岡空港は駐車場は無料です。家から約35分んで空港に着き、駐車場に車を入れると目の前に空港ターミナルがあります。以前は数少ない便でしたが今は毎日上海便が出ています。飛行機は小さい飛行機ですが便利になりました。

静岡富士山空港を出発し夕刻には上海です。翌日は検査です。そしてその翌日の朝一番で日本に帰国です。都合2泊3日の出張です。以前外国に行くと最低3泊4日は必要でしたが短い時間で仕事が出来ます。仕事が終わればすぐ帰国、ちょっとせわしない出張です。

現地のバイヤーとの打合せ、気楽な打合せに見えますが真剣にやっています。工場での検査が終われば夕食は中華料理が待っています。今日の夕食は湖南料理です。湖南料理とは中国の沿海部湖南省の料理です。日本では四川料理が有名ですが、四川料理よりもっと辛い料理です。

本当に辛い。口の中がしびれます。

辛い、辛い!このスペアリブも香辛料が一杯です。

蛙の料理ですがこれも辛い!

辛いから白酒(ぱいちゅう)もすすみます。このお酒は50℃以上の強いお酒ですから喉がヒリヒリ。また料理を食べ、辛いから喉がヒリヒリ・・・お腹いっぱいになりました。

ISのテロが怖いのですが来月も検査に出かけなければなりません。来月の出張ではもう少し辛く無い料理を食べようと思います。食べることだけが楽しみの出張です。

近藤建設工業  近藤友一