スタッフブログ

そうだ京都に行こう① 近藤建設工業  近藤友一

2014/03/11

NCNの総会が京都で開催されました。
NCNとはNEW CONSTRUCTOR'S NETWORKの略です。
新しい耐震的に優れた木造の構造を開発し、その名前をSE構法と
名付け賛同する会社を集めその木造の構造や資材を販売する会社です。
その賛同する会社の中でも特にこの構造を推し進めようと集まった会社
がプレミアムパートナーズと呼ばれていますが、その総会が京都の国際
会館で開催され出席しました。

京都国際会館は世界の環境保全のために国際会議が開催され京都議定書
が取りきめられた場所でもあります。
プレミアムパートナーズは家づくりに省エネや低炭素に取り組んでいる
グループでもあります。
そんな意味で今年は京都国際会館で総会が開催されました。

京都国際会館はわが国では初めてとなる公開設計協議方式が取りいれられ
丹下健三に随従していた大谷幸男先生の作品が最優秀作品に選定され、
1966年に完成しました。私が学生だった頃大いに感激を受けた建物のひとつ
です。


京都国際会館4

最近のモダンな建築のデザインとはちょっと変わっていますが、コンクリート
打ち放しの建物は今でもその存在感を強烈に現しています。

懇親会の会場はこれも有名な建築物の一つ、グランドプリンスホテル京都
で行われました。昔の名前は宝が池プリンスと呼ばれていました。
村野藤吾の設計で1986年に竣工した建物です。建築界の巨匠であり数多くの
建物を手掛けています。特徴としては手作り感のデティールを感じます。

懇親会の会場のデザインも大変手が凝ったデザインがうかがわれます。

宝が池プリンス1

宝が池プリンス3
宝が池プリンス4

上の写真は宴会場の天井部分です。この他手摺やドアノブなど細かい部分の
デティールも目を見張るものがあります。

完成したのはちょうど日本がバブルの時です。これからこの様な建物が
現れるかどうか、昭和の遺産だと思います。

会議に出席しましたが、建築物に圧倒された出張でした。
良い建物を見るのはとても楽しいことです。

近藤建設工業  近藤友一

2014/03/11

遠州横須賀 近藤建設工業 近藤友一

2014/03/03

遠州横須賀に行って来ました。遠州横須賀は横須賀城があった城下町です。
旧清水邸を訪ねました。通り庭がある古い木造です。
昔は郵便局だったそうです。

今では交通網から取り残され、タイムスリップにあったような町です。

実は遠州横須賀を訪れたのは「らーめんWalker静岡」という本で
ラーメン屋さんが紹介されていたので休日を利用し訪れました。

″まるか”さんです。日本蕎麦屋さんですが、ここを訪れるとお客
さんは全てラーメンの注文。蕎麦を食べにくい蕎麦屋さんです。

蕎麦屋のラーメン、そうあの懐かしい味です。

休日の昼ごろ行ったのですが、玄関先で行列。
子供づれの家族が多くファミリーな感じのお店です。
ラーメン500円でボリウムたっぷりのお店です。

近藤建設工業  近藤友一

2014/03/03

法人会新春講演会 須田慎一郎氏 近藤建設工業 近藤友一

2014/01/17

藤枝法人会新春公演会で須田慎一郎先生のお話を伺いました。

須田先生は「たけしのTVタック」ルや亡くなった「たかじんのそこまで言って委員会」等
で活躍中の経済ジャーナリストです。

テーマは「裏舞台から見た政治・経済 日本再生のため何が必要か」というお題です。
日本経済の再生は地方経済の再生という話です。
国土強靭化計画に基づき1998年より削減されてきた公共工事が復活するという話です。
地方経済は第一次産業と公共工事から成立しているという考えから
カンフル剤的な公共工事の必要性を挙げています。
消費税アップ後に少し経済が落ち込み7月頃より持ち直していくと予想しています。
期待して良いのでしょうか?

耐震構法 SE構法
OMソーラーの家

近藤建設工業  近藤友一

2014/01/17

高血圧 近藤建設工業 近藤友一

2013/12/12

今日は2カ月に一度の高血圧の検診です。50代を過ぎて血圧を測定したところ、140-94という数字でした。お医者様の「遺伝もあるし血圧の薬を服用した方が良いですね。」という診断により服用を始めました。

降圧剤ではなく血中の塩分を排出する薬だとの事です。今日の測定では120-64という数字で自分でもびっくりしています。高血圧の方のヒートショックに よる死亡率は高いものが有ります。またその他の病気にも良くない事が最近とみに言われています。我が家は16年前に建てたOMソーラーの家ですが、当時で は断熱材に配慮した家を造りました。今でも冬の早朝の室内の最低気温は15℃を下回りません。暖かい家はエコにつながりますが、健康にも重要な要素です。

近藤建設工業㈱ 近藤友一

2013/12/12