スタッフブログ

チュニジアの事件   近藤友一

チュニジアでISISによるテロで日本人3人の方が亡くなられたという記事が出ました。チュニジアには2年前のお正月に訪れました。とても良い国です。ローマ時代の歴史やそれ以前の歴史も沢山残っています。国立バルドー美術館にも訪れました。古い博物館を改修し中はモダンなデザインの博物館として生まれ変わりました。モザイクタイルの壁画の宝庫です。古い歴史、気さくな親切な人々、地中海に面したチュニジアは観光収入が国の収入の大きな部分を占めています。この事件により観光客が減少しせっかく安定した国情が変わることが恐ろしい気がします。

ISISはスンニ派のカリフを指導者ととした国づくりをしているグループです。今までのテログループと違い大きな国づくりをいう目的を持っている人々はテロにおいても強固な戦力となっています。アル・バグダディをトップにこのグループの存在は計り知れないものが有ります。今までのテログループとは違います。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は旧約聖書が原点です。その予言者により宗派がわかれました。キリストの出現によりキリスト教が、マホメッドの出現によりイスラム教が出来ました。イスラム教はカリフのあり方によりスンニ派とシーア派に分かれていきます。スンニ派にとってはシーア派は異教徒であるとも言われています。

この様な複雑な関係の中でISISの力はどんどん大きくなっています。ISISは決算書をもつテロ組織とも言われています。

国立バルドー博物館です。

内部はモダンなデザインに改修されています。モザイクの壁画には圧倒されます。

ローマ時代のコロシアムも残っています。今でも音楽会が開催されます。チュニジアは歴史の宝庫です。南に行けばサハラ砂漠が有ります。ラクダに乗りテントで宿泊。チュニジアは観光資源が一杯の国です。早くこのテロから立ち直り観光立国としてアフリカ大陸の中で多くの人々が訪れる国となって欲しいものです。しかしISISの問題は簡単には片付きません。今後の国際情勢の中でどうなって行くのか?とにかく人々が傷つかない世界が早く来てほしいものです。

近藤建設工業  近藤友一

2015/03/19

空中の基礎      近藤友一

静岡パッシブパートナー会の研究会を伊豆の梅原建設さんで行いました。梅原さんの現場を見させていただきました。東京の設計事務所の作品です。伊豆ですから山の急斜面が多く基礎工事は大変です。この現場も大変な現場です。

手前の基礎の先は斜面です。結構な急斜面です。伊豆の別荘地帯はこの様な場所が多く基礎工事の考え方が重要なポイントとなります。景色は抜群です。

鉄骨で基礎を造っています。

基礎を鉄骨の立体トラスで造っていました。立体トラスは体育館等の大きな屋根を支える時などに良く見かけられます。それを基礎に利用しています。この立体トラスでこの建物の床を支えているのです。うーん!すごい!感心しました。またひとつの知恵をいただきました。とても勉強になりました。

ありがとうございました。

近藤建設工業  近藤友一

2015/03/13

清水次郎長生家の保存      

SE構法を開発し、その構法をサポートしている「NCN」が日本の住宅を100%耐震化するためにキャンペーンを行いました。テーマは「後世に残したい建築物」を全国規模でコンテストを行い、その選ばれた建物に対して耐震化の修復が受けられるというものです。

そのコンテストに清水区の工務店が選出した「清水次郎長の生家の保存」が1位になりました。フェースブックを通じてのコンテストでしたので、私たち静岡県のNCNの加盟店も応援しました。

清水の次郎長は静岡ではとても人気のある人です。博徒で有り後年は海運業者となり、清水の発展に大変寄与した人ですが、その波乱万丈の生き方はとてもドラマにし易く私も小さい頃映画館で良く見たものです。

今日の静岡新聞の記事です。

次郎長の生家です。この家を耐震化する計画です。


耐震化の保存がこれから始まります。

少子。高齢化の現在の社会の中で、家は余ってきています。

この余っている家の改修がこれからの社会の課題です。耐震化は勿論、省エネの社会に向かう中で家の断熱性の強化風の利用太陽の利用などにより二酸化炭素の削減が重要です。沢山の課題が有りますが、当社も研究に頑張っています。

保存と進歩、これがこれからの社会でのポイントです。

近藤建設工業  近藤友一

2015/03/05

モザイク通り    近藤友一

今年に入ってから出張が多い日々を送っています。出張もたまの出張は気分転換には良いのですが、連続すると体に疲れが蓄積してくるようになってきました。もう少し耐力を鍛えないといけないと思うようになってきました。

今回の出張は東京から水戸に行く出張でした。東京で一泊です。久しぶりに新宿の「ミロード」に立ち寄りました。今から約30年前に設計に参加した建物です。懐かしい建物です。新宿西口と南口を結ぶ「モザイク通り」に行きました。設計チームの念願であった西口と南口を繋ごうと提案し施主の小田急電鉄に採用された時の思い出がよみがえります。その「モザイク通り」は若い人々でいっぱいです。

どうして「モザイク通り」という名称がついたのか?当初は「モザイク坂」とも言われていました。これはこの通りの床に使われているタイルから由来しています。この通りの床は「三角五色タイル」という三角形のタイルが使われています。小田急新宿駅の設計をしていた坂倉建築研究所がデザインしたタイルです。ミロードの設計チームにも坂倉建築研究所が参画していたのでその三角五色タイルを採用しました。この三角五色タイルは三角モザイクとも呼ばれていました。

このタイルは渋谷駅にも採用されていました。現在渋谷駅は改良工事中ですのでそちらはどうなったか解りません。

竣工当時の写真を見ると綺麗な三角五色タイルが見られます。

とても懐かしい写真です。こんな時には設計という仕事が良いなーと思います。当時の苦労など忘れます。

竣工した時のモザイク坂の写真です。

30年間という月日は私にとってあっという間でしたがこうして街として残っている姿を見ると感慨ひとしおです。

まだまだ設計の仕事に頑張ります。

近藤建設工業  近藤友一

2015/02/27

高知出張その2     近藤友一

前回のブログでもお話しましたが、約45年ぶりの高知訪問です。金曜日の日に今回の出張目的の仕事終了し、土曜日に帰社ですが高知から名古屋小巻空港までの便は一日に一便しかありません。高知竜馬空港を12:40分に出発の便です。そして 私の会社は丁度この土曜日は休日です。心おきなく観光気分で散策できます。早起きをして高知市内を散策しました。11:30までの約3時間半の時間です。

日曜日でしたら、高知の名物の朝市が開催されていますので楽しみですが土曜日は開催されていません。以前読んだ「県庁おもてなし課」という本は高知を主題とした物語ですがその本にも朝市の楽しさが記載されていました。残念!

ホテルからアーケード街を通り「ひろめ市場」に。この市場は昼間からお酒を飲める場所です。さすが高知、まだ朝早かったので呑んでいる方はいらっしゃいませんでした。楽しそうな場所です。

市場の中は魚屋さんや中華、インド料理、酒屋、おつまみを作る店舗等が広場を囲んでいます。とても楽しそうな所ですが、これから帰るわけですから遠慮して見学だけです。

市場を通り高知城です。天守閣は9;00から入場可能ですから時間調整をしながらの見学です。高知城に良い看板が有りました。市内の案内図です。この案内図を頼りに散策開始です。

高知城に登り、山内容堂公の銅像や山内家の下屋敷を見学しはりまや橋に向かいます。

高知城を後にし山内家の下屋敷に向かいました。

市内を路面電車が沢山走っています。そのデザインがまたそれぞれ違う。楽しい景色です。

上の電車はノルウエーの電車のようです。

はりまや橋に向かいます。その近くのアーケードが木造の美しいアーケードです。建築屋としての癖で直ぐにカメラを向けます。うーん面白いアーケードです。

最後は「はりまやばし」です。「坊さん かんざし買うを見た」の歌のとおり、橋の両側にはかんざし屋さんが有りました。

高知の人が言っていました。「はりまやばし」は日本三大がっかり名勝だと。うーん、少し分かるような気持ちです。でもペギー葉山の歌声が聞こえてきそうで、・・・古いか?・・・。

楽しい高知出張でした。こんな出張珍しいものです。楽しい出張ばかりだったら良いのですけど!

近藤建設工業  近藤友一

2015/02/09

高知出張   近藤友一

高知に出張しました。久しぶりの四国です。

高知に行ったのは大学受験に受かった年の3月です。団塊の世代のしっぽに入る私は一年目の受験に失敗し浪人して大学に受かりました。その喜びは大きく、大学入学日の前までのんびり旅行に出かけたくなりました。四国一周の旅を思いつきました。資金は入学祝ということで母親からもらいました。とりあえずユースホステルの予約と大阪までの往復の切符を買い、鈍行の列車で大阪に行き大阪から松山まで船でわたりました。松山が四国の旅の始まりです。松山で何を考えたか解りませんが、四国一周をヒッチハイクでまわろうと考え決定しました。お金を持っていると甘えが出るので母親のお土産に伊予絣の生地を買ってしまいました。着物のアンサンブルが出来る一反半を買いました。残るお金はユースホステル代と昼食の費用です。大阪まで行ければ鈍行の切符の残りが有ります。

楽しい旅でした。いろんな人にふれ、そしてやさしい好意に甘え感動の連続の旅でした。もう40数年前の話です。その旅の途中で高知に寄りました。ヒッチハイクで桂ヶ浜まで行った時は軽四輪の結婚式帰りのおじさんの車に乗せてもらいました。酔っ払い運転でした。「今日は飲んでるからね!」と言った時にはびっくりしましたが当時はそんな時代でした。

旅行のお土産を母親に渡した時は感激して受け取ってもらいました。それ以来私の旅行の良き理解者でした。大学に入ってからも旅行に行くというと何かと援助してもらいました。最初が肝心です。

また僕の旅行好きもこの旅から始まりました。

そんな思い出のある高知です。

仕事も終わり帰りの飛行機まで時間が有るので観光しました。路面電車が走り落ち着いた都市です。

行きは名古屋空港からです。小牧の空港です。中部セントラル空港に全て移ったものと思っていましたが、国内便のいくつかが残っています。意外とローカルな地方行きの便です。FDAと日本航空の共同運航便です。今回ははピンクの飛行機で高知に向かいました。

仕事が終了し翌日 朝早く起きて高知城に向かいました。9:00から天守閣が開くというので周辺を散策。大手門も立派なものです。もちろん高知城は重要文化財です。

お城の見学は楽しいものです。特に天守閣に登るのが好きです。外国に行っても塔が有るとすぐ登ります。

石段の幅が広く登りにくい階段です。若い時はスキップで登っていたのに、と思うのは止めにしてゆっくりゆっくりと自分に言い聞かせます。

天守閣に到着。下から見た時はカッコよかったのに、目の前にあるとちょっと違った感じです。9:00前でしたが入れてくれました。天守閣も良かったのですが周辺の住居部分も江戸時代のの面影が残されています。

昼食は高知料理を食べようと思ったのですが何とまたラーメン。実は高知の名物に「シジミラーメン」というものが有ると聞いていたのでそのラーメン屋さんに!メニューを見たらこの「みそかつラーメン」がお奨めと書いてあったので結局こちらに決めてしまいました。とんかつは四万十の豚です。これも高知名物です。うん!旨い!・・・ただのラーメン好きか!

高知から飛行機で名古屋まで1時間。昔に比べとても早い時間で行くことが出来ます。

国内旅行もいいな!と思う高知出張尾でした。

近藤建設工業  近藤友一

2015/02/04

腹筋  近藤建設工業  近藤友一

昨年の後半より体重が増えてきています。肥満です。タバコを完全に止め、そして炊飯器を買い換えたところ、ご飯が美味しい!今までは夕食で炭水化物を摂取しなかったのですが、ついつい食べだしていつの間にか体重があっという間に3キロほど増えてしまいました。増えた影響でズボンが小さくなってしまいこれは不経済だと気が付きましたが、体重は減りません。

ある時、腹筋運動の器具を見つけました。「WONDER CARE」です。そうだ、腹筋を鍛えたくましい体型にしよう!自分自身の引き締まった体が脳裏に浮かびます。はい、お買い上げです。セットしました。

意外と楽に腹筋運動が出来ます。腹筋運動かどうかはわかりませんが?

そのうちに意外なことに気が付きました。腰の痛みが薄らいできたのです。この器具に腰かけ背筋を伸ばすととても良い気持ちです。床屋さんや歯医者さんの椅子に座って背筋を伸ばすように倒していただくととても気持ちが良いのですがそれに劣らず背筋が伸びて気持ちが良いのです。腹筋運動より毎日背筋伸ばしに使いだしたところ腰の痛みが薄らいできました。

これに気を良くして毎日使い続けています。気のせいかゴルフの飛距離も増したように思います。ホント単純な脳細胞の持ち主です。

近藤建設工業  近藤友一

2015/01/28

平屋建ての家、その魅力とは

平屋建ての家の魅力はいくつかあります。

まず1階建てであるため、階段の上り下りが無く住む人の負担が少ないこと。
また2階部分が無く、ワンフロアのため天井を高く確保でき、それが開放的な空間を生み出してくれます。

そして家の内側、つまり内部空間と、屋外である外部空間の調和もポイントの一つ。
設計次第で景観や通気性、採光などが素晴らしいものになるという点も、平屋建てに住む人に居心地の良さを与えてくれます。

その他にも、家族の生活を感じられ、小さなお子さまがいる家庭では親の目もいき届きやすく、安心です。
平屋は小さな子どもから高齢者まで高い居住性を備えた、優しい住まいと言えるでしょう。

このように書きますと、メリットばかりのように思える平屋住宅ですが、実はその建築に際し広い土地が必要という制約が付きます。
その意味で、住宅街や街中に平屋建てを建てるのは難しいかもしれません。
十分な土地が確保されないまま平屋を建てた場合、狭い空間に家族がひしめき合い、息の詰まった生活となってしまうでしょう。
そういった意味では、広い土地があってこそ平屋。平屋は「ぜいたくな家」と言えるかもしれませんね。

最近では、平屋は若い世代にもニーズがあります。ロフトを付けたり、書斎をつけたりと、隠れ家的な空間を造り、スペースを有効に活用する住宅作りも人気となっています。
家族と一緒に過ごすパブリックな空間と、隠れ家的な、プライベート空間とを平屋に同時に求めたい方に最適なのかもしれません。

平屋は、たとえば別荘であれば、地面や自然と一体となった生活を送る事も可能です。

別荘でなくても近藤建設工業では、外部環境と一体化した感覚を引き立てる、土間やウッドデッキを設計プランに盛り込んでいます。これも、そうした開放的な生活環境を造る方法の一つです。
平屋を設計する際には半外部空間または半内部空間を大切にしています。自然と建物を融合し、自然と一体となった生活が出来る空間は住む人に安らぎを与えてくれます。
過ごしやすい時期には外へ出て食事やお酒を楽しめる、ガレージに出てちょっとした時間に車をメンテナンスする、ゴルフの練習をするなどなど。そういった敷地との一体性を活かした平屋建ては、日本人の生活になじむ、憧れの住まいかも知れませんね。

2015/01/20

富士の種  近藤建設工業  近藤友一

シーラック株式会社樣に訪問した際に「富士の種」なるものをいただきました。

ホテイフーズさんの「やきやき親父」とシーラックさんの「勝男クン」のコラボの商品です。早速食べてみました。旨い!これは良い!パッケージも良い!このパッケージの中に子袋に詰められた「富士の種」が入っています。テレビを見ながら食べていくとあっという間にありません。

良いいただきものをしたのでブログで宣伝します。ありがとうございました。

近藤建設工業  近藤友一

2015/01/19

安全第一     近藤友一

昨日から当社の第一日がスタートしました。当社の第一日の午後は恒例の安全祈願と安全大会が執り行なわれます。

安全祈願は毎年焼津神社でお祓いを受けます。今年も社員、協力会のメンバーと焼津神社に参内しました。仕事の基本は「安全」。各部で玉串を奉奠し安全を祈願しました。

続いて安全大会です。今年の「スローガン」の発表安全表彰を執り行い安全の誓いを全員で確認し第一部を終了、第二部は懇親会です。正月休暇の話や趣味の話などで盛り上がり今年の安全大会を終了しました。

スローガンは

笑顔あふれる明るい会社 皆で叶えるお客様の夢

今年も安全第一で頑張ります。

近藤建設工業  近藤友一

2015/01/07