スタッフブログ

入江一子展   近藤友一

入江一子展が開催されています。天竜の秋野不矩美術館です。

行って来ました。入江さんは1916年生まれで99歳、現在も健康に創作意欲を原動力に、大作を描き続けています。入江さんの絵を見るのは初めてですが、とても感動しました。色使いや構図、私の絵に対する嗜好だけでなく旅を通じた絵の対象にも共通するものがあったからです。当然入江さんの方が年配ですから共通するものと言ったら失礼かもしれません。

私も旅行が大好きです。小さい頃見たNHKのシルクロードは私の夢でした。今までそのシルクロードの何カ国かを旅しましたが、入江さんの旅したそして絵を描いた国々の多さをみて驚きました。

シルクロードは交易の道だけでなく文化の道です。現在シリア、イラクでのISの問題やイエメンの紛争などでなかなか行けない国も多いのですが、私もこの道をたどりたいと、中国は敦煌、トルファン、ウルムチまで、そしてインド、ウズベキスタン、イラン、イスラエル、トルコまで旅をしました。この地区の歴史は古く紀元前のアレクサンダー大王の遠征とも重なる地域が多くいつの日かこの道を繋げたいと今でも思っています。

そんな想いを持ちながら入江さんの絵を見ました。光が美しい!その光の中で淡い色使いがより光を強調しているように思えました。印象派の影響もあると思いますが、入江さんの世界です。

現在紛争中のイエメンの「イエメン門」です。

今週の日曜日、11月15日まで開催されています。お奨めします。

近藤建設工業  近藤友一

2015/11/10

芸術の秋 2   近藤友一

日本建築家協会静岡地域会の「建築ウオッチング」に参加しました。富士山の麓にある「クレマチスの丘」のスルガ銀行のキャンパスカレッジの特別見学会です。スルガ銀行の昔の銀行を保存しながら研修施設に改修保存した建築群です。屋内写真は撮影禁止。厳しい管理です。

古い銀行施設の改修したものですが、なかには建築学会より日本近代建築総覧の一つになっている施設もあります。

スルガ銀行キャンパスカレッジは社員の研修施設として常時使用されているため、見学中は静かに!ということで静かにそろそろと見学しました。急ぎ足の見学でした。

その後はヴァンジ庭園彫刻美術館を案内していただきました。2回目の見学ですが良い建物と良い彫刻です。

この彫刻は鏡に映った部分との対象が面白い彫刻です。

ヴァンジ彫刻美術館までがコースの内容です。以降は自由見学ということでイズフォットミュージアムを覗いてみました。昭和の初めから戦後までの報道写真を展示しています。土門拳などの写真家の情熱と苦労が写真やグラビアを通して伝わります。

イズフォトミュージアムの建築の設計は現在東海大学の教授の杉本洋さんだそうです。以前橋本文隆さんの設計事務所の所長をしていた時代があり、私が小田急建設の設計部にいた時に仕事でお話を伺った方です。懐かしい思い出が浮かびました。

食事は和食の「テッセン」でいただきました。

時湯行動とのことですが事前知識が無いので皆さんのあとをついて廻りました。広い場所です。

井上靖文学館を廻り、ベルナール・ビュッフェ美術館まで廻りたかったのですが、次回にまわしました。

秋の一日、建築の見学と美術館はとても良い組み合わせです。

近藤建設工業  近藤友一

2015/10/17

芸術の秋 1   近藤友一

arts & craft sizuokaに行って来ました。10月10日から静岡の護国神社で開催されていました。会場はもう秋の気配です。中にはコートを着ている人もいます。多くの人が首に何かを巻いています。最近男性も首に巻いておしゃれですね。会場は結構な人の出です。私と同じくらいの年輩の方々が多く見受けられました。結構皆さん芸術に興味がありそうです。そして時間がある方々だと思います。

会場の展示の焼き物が多くあります。創る人もやはり芸術に興味がありそれが焼き物の方向に向かうのでしょうか。私は焼き物を造る方にはあまり興味はありませんが、焼酎のお湯割りを入れるものが欲しくてうろうろしていました。焼酎はお湯割りにしてお銚子に入れて盃で飲んでいます。お銚子はあまり量が入らないのでそれに代わるちょっと大きめのものを探しています。

なかなか楽しいものです。それにしても出展者が多いのに驚きました。多いから楽しいのですね。でもお銚子に代わるものは見つかりません。やはり目的があって物を創るわけですから、そんなお湯割りを入れる容器なんて創造しないから無いのだと思います。自分で創るのは嫌だし、・・・ていうことですが何も買わずじまいでした。

楽しい企画だと思います。次回は来年の4月9・10だそうです。どうぞお出かけになってみてはどうでしょうか。

近藤建設工業  近藤友一

2015/10/14

上棟式      近藤友一

上棟式です。弊社の木造ドミノのモデルを気にいっていただき、島田市に建築されます。

上棟式の当日は雨が降りそうで降らない。天候も応援してくれました。お施主様は夫婦とお子様一人。これからの生活が楽しみです。

当然長期優良住宅です。「地域型住宅グリーン化事業」と「静岡県優良木材」から補助金をいただきエコで強く長持ちする家が出来ます。ご一家のこの写真をとても気に入ってくれました。

良い家をつくります。これからどうぞよろしくお願いします。

近藤建設工業  近藤友一

2015/10/13

夕焼けこやけ  近藤友一

ここのところ異常気象がまたぶり返しています。何か一年中異常気象の感覚に満たされています。昨日夕方、ふと空を見上げるとなんと綺麗な夕焼けか!「夕焼けこやけで 日が暮れて・・・」の歌を思い出します。この歌詞の2番は〝子供がかえったあとからは まあるい大きなお月さま・・”とあります。満月は数日前のこと。この歌はちょうど今頃の季節を歌ったのかなと思います。異常気象で低気圧の去った後強風で空が綺麗になりこんな空が出現したのでしょうか。

日本の秋は美しい季節です。そして過ごし易い季節です。夏の疲れをいやし体調を調整し冬を迎える準備をしろと季節がやさしく教えてくれているようです。

近藤建設工業  近藤友一

2015/10/03

社員研修旅行  近藤友一

先週、金曜日、土曜日と社員研修旅行に行かさせていただきました。久しぶりの研修旅行です。行先は河口湖から蓼科方面です。

台風18号の後の久々の天気です。今回はとにかく”ゆっくり”が研修のテーマです。ですから近場です。まずは河口湖から甲斐駒ケ岳の麓にある『サントリー白州蒸留所』の工場見学です。この工場はサントリーの山崎の蒸留所に次ぐ二番目の工場です。見学の後は楽しい試飲です。3杯までOK!I杯目は白州のハイボール、2杯目からは角瓶のハイボールか水割りです。有料ですといろいろなものが飲めます。一番高いのは”響”の30年物は15ml3,200円。”白州”、”山崎”の25年物は15ml2,900円。その他は大体100円。その差の大きいことにびっくり!ここはひとまず夜の宴会もあるので、無料の3杯でおしまい。それでも良い気持ちです。

樽の木の香りが良いにおいです。

さて翌日も今度はワインの工場見学です。ここでも見学の後は試飲!そして良い気持ち。今回の研修では良い気持ちでバスでは昼寝、おきては食事とフォアグラになるような工程でした。さてゆっくりした後は今日からまた仕事です。がんばります。

近藤建設工業  近藤友一

2015/09/14

そっくりさん?  近藤友一

先日東京の国際展示場で”ギフトショー”が開催されました。弊社には小売部門としてジョイフルパルというホームセンターがあります。その店舗の商品開発の一環として毎年”ギフトショー”を訪れます。

年に2回あります。日本では最大の雑貨や日用品、ファッション、玩具等あらゆるジャンルの商品が集まる展示会です。ブースを回っているとちょっと見慣れた顔に会いました。

ちょっと見ると宮川大作さん?・・・ン!ちょっと違うかな?

宮川大好さん?

そっくりさんですけど良く見ると似ていない。でもユーモラスで愛嬌があります。とにかく人目を引き宣伝効果は十分あります。プロの心意気です。

私も誰かに似ていると言われますがなかなか出来るものではありません。

近藤建設工業  近藤友一

2015/09/08

重要文化財 日本綿業倶楽部       近藤友一

大阪に出張しました。

「耐震住宅100% 第2回全国大会」に出席するために大阪に出席しました。「耐震住宅100%」とは政府の国土強靭化計画に基づき、(2020年までに耐震住宅95%」の方針がありますがそれに対してSE構法を採用している会社204社が実行委員となり「2020年までに耐震住宅100%」を目指そうという趣旨で昨年運動を開始したものです。

この会場に大阪の日本綿業倶楽部が選ばれました。この建物は昭和6年12月31日に竣工した建物で設計は渡辺節、ヘッドドラフトマンに村野藤吾があたっています。昭和6年ですから近代建築がスタートした頃の建築物です。太平洋戦争でも当時周辺の建物はすべて焼失したのですが窓に耐火ガラスや頑強な構造のおかげで焼失すること無く現在に至っています。重要文化財です。

いろいろな様式があります。現在の予算で75億ということです。

この建物を見学出来ただけで、大阪まで来た甲斐がありました。良い建築を見るのは私にとって非常に幸せな気持ちにさせてくれます。

この様な出張をまた楽しみにしています。

近藤建設工業  近藤友一

2015/09/03

講習会   近藤友一

昨日は木造建築物の講習会に参加しました。東京で行われました。テーマは「合成梁接着梁工法の技術講習会」という長い名前の講習会です。

そもそも、私は大学時代から構造という学科が得意ではありませんでした。どちらかというと嫌いな科目です。建築をデザインするために学校に入ったのですが、また物理の力学みたいな授業を受けることは高校時代の受験みたいな学問で嫌気がさしていました。でも嫌いになると成績はどんどん落ちていきます。一級建築士の国家試験にも構造の問題が出てきます。腹をくくって一生懸命勉強しました。得意な学問は頭の中に入りますが嫌いな学問は集中できないためかなかなか頭に入りません。時間をかけて勉強した思い出があります。

昨日はその思い出がある構造の講習会です。内容は、古い家をリフォームするとき邪魔な柱を除きたいというような場合に柱の上部にある梁を補強し柱を撤去するという工法の講習会です。柱を撤去するために上部の梁を補強しなければなりません。その補強を計算するという講習会です。

これは面白い講習会だと思いました。昔は嫌いな学問でも、今興味ある学問はとても良く頭に入ります。「居間を広くしたい」とか「家族が減ったので広々と使いたい」という要望は結構あります。柱を除くことは何も根拠が無ければ出来ませんが、計算をして大丈夫ということであれば喜ぶ人も沢山います。

今日の講習会は全員パソコン持参の講習会です。午後からの講習会は、昼食を食べた後なので眠くなるのが常です。缶コーヒーを用意し講習会に備えました。

とても興味のある事柄なのであっという間の時間で講習会は終了しました。嫌いな構造計算の講習会ですが時代は変わりました。どんなことでも興味のある事柄の勉強は楽しいものです。小さいころからこの様な勉強をしていたら私はもっと変わった人生を歩んだのでは?・・・

いえ、きっとそういう勉強は小さい頃はしなかったでしょう。とにかく家の外でビー玉やペッタン(めんこ)で遊び、暗くならないと家に帰ってこない子供でした。健康でいたずらで活発な少年は勉強する夜にはぐっすり寝ていました。

私も久々に頭を使ったので昨夜はぐっすり眠れました。こんなに良く眠れるのはゴルフのあとと同じくらいです。頭の脳細胞がフル回転して非常に疲れたのだと思います。

単純な脳細胞の私です。

近藤建設工業  近藤友一

2015/08/25

地曳網  近藤友一

お盆休みも終わり今日から仕事です。

お盆の休みは、4日間ありましたが、地曳網とゴルフで過ごしました。一日は地曳網。もう一日はゴルフです。地曳網は童心に帰ったようで楽しい一日でしたが、ゴルフはあまりの暑さに仲間の一人がギブアップ。本当に暑い今年の夏です。

地曳網は以前、焼津では石津の浜で行われていましたが、今はやっていないそうです。今年の地曳網は三保海岸の内浜海水浴場の近くで行われました。親戚の家族から網を引く人数が足りないから来てくれと誘われ喜んで参加しました。最低網を曳く人が30人は必要との事です。暑いけど遊びの時は暑さを忘れます。

網を曳く力は結構要ります。真ん中で手を抜いている人もいますが。網を曳く動作を15~20回ほど繰り返します。本気になってやるとへとへとになります。私は手袋をはめて綱を曳きましたが、綱がぬれていると手の平に綱がしっかりかかり、手の皮が剥けます。以前の経験から釣り用手袋を持参しました。準備は万端です。

網が上がってきました。さて成果は?

大漁を期待していましたが、まあこんなもんです。でも楽しいひと時でした。良い汗をかきました。ビールの味は格別です!

近藤建設工業  近藤友一

2015/08/17