津波避難タワー 近藤建設工業 近藤吉典

2014/02/12

市長をはじめ、多くの近隣の方々が参加して、焼津市駅北地区の「津波避難タワー」のお披露目会が催されました。

地域の皆様に親しんで頂こうとのことで、募集した愛称の発表が行われ、旭町にあることから「あさひタワー」と命名されました。その後、隣にある保育園児の遊戯がタワーの下で披露され、園児が元気いっぱいに踊ってくれました。

式典の後全員で屋上に上り、避難体験を行いました。園児たちも、保母さんから避難方法や手摺の利用の仕方の指導を受けていました。

屋上からは隣の保育園の全景が見渡せます。この保育園も、当社が施工させて頂いたもので、木造で作られています。