片付

私たちの職業は片付が大切な業務です。建築現場では資材の片付、道具の片づけは、いの一番に言われます。これは安全第一を掲げる職場にあって資材の落下や資材の散乱は重大事故につながるからです。朝礼でも”整理整頓”を唱和しています。

我が家の私の書斎がこの整理整頓とは程遠い状態でした。パソコン3台と趣味の道具類や色々な書類が散乱しています。なんとかせねばといつも思っていたのですが、ようやく片づけることを決心しました。

書類や郵便物は大きなフォルダーに入れるだけという簡単な考え方です。細かく分類してもその中間領域がどこに入れたら良いのかわからなくなってしまい、片付が中断します。パソコンの考え方と同じように大きなフォルダーを設け片付をすることにしました。

片付前の状況です。片付けたいものを机の上に出しましたが、どう片付けたら良いのか思案しました。まず壁側に空間がありますから薄い棚を設けることにしました。棚はシナ合板です。小口をシナ合板のテープを貼りました。自社工場での私の製作です。

薄い棚ですが意外と入ります。フォルダーは黒いボックス上のものです。大きなジャンルで仕分けしています。未処理のものは未処理ボックスに入れます。ボックスに名称をつけて分類しています。

こんな状況です。右側の新設の棚の上部にDVDやCDを入れたのですが、結構これらが片付くと綺麗に見えます。

3台の自作のパソコンもスッキリ納まりました。赤い箱もパソコンです。箱のデザインが気に入っています。完成したのですが、まだあまり机の前に座っていません。あまりに綺麗になりすぎ落ち着かないのが現状です。次は何をやろうか?・・・・考えています。

近藤建設工業  近藤友一