木造ドミノ地鎮祭  近藤友一

今日はM様の木造ドミノの地鎮祭です。台風一過のあとの地鎮祭です。長期天気予報で一週間前は今日の地鎮祭のことが気になっていました。良かった!

ドミノの住宅として島田では初めての現場です。地鎮祭の前に周辺を散策するとロードサイド店舗が沢山あり生活にはとても便利な場所です。スーパーも至近の距離にあり、歩いて3分です。良い場所です。

お施主様は若いご夫婦とお子様一人の家族です。

私が初めて戸建てを買った時を思い出します。東京でしたから自由設計の家では無く建売の家でした。小田急の分譲地に建っているものでした。若いからそんなに資金はありません。とにかく融資を受けぎりぎりの予算で買いました。その当時はゼネコンの設計部に所属していましたから、本来は自分で設計をした家に住みたかったのですが、バブルの始めの頃でしたから土地だけの物件はありませんでした。家を買うきっかけは子供が生まれたからです。のびのびした家で子供を育てたいという思いから背伸びをして買いました。

地鎮祭の最中そんな昔のことを思い、「良い家をつくるぞ」という思いがこみ上げてきました。ふと前を見るとお子様がこちらを見ています。将来大人になった時に今日の日を覚えているかな?

木造ドミノは長持ちの家です。そして平成27年度グリーン化事業の補助金を受ける家です。ですから長期優良住宅での認定を受けます。今月の中旬に国交省に採択を受けた「静岡で暮らす気持ちのいい家」の対象住宅です。当社としても今期第一号のグリーン化事業の家です。

お子様が大きくなって「良い家に育った」と思えるような家づくりを一生懸命やって行きます。

近藤建設工業  近藤友一