補助金の活用  近藤建設工業 近藤友一

先日の連休のさなか、国交省より「平成27年 地域型住宅グリーン化事業」の募集要項が発表されました。この趣旨は 地域における木造住宅生産、維持管理体制の強化をし、省エネ・耐久性に優れた住宅を促進しようというものです。それにより木材自給率の向上や森林の再生に寄与することを目的にしています。この趣旨に合う住宅には補助金が交付されます。

① 長寿命型

② 高度省エネ型(認定低炭素)

③ 高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)

②と③は少し分かりづらい名称かも知れませんが、どちらも家の性能を高め、省エネの家をつくることを言っています。

①②には最大120万円、③には最大185万円の補助金が出ます。家づくりを考えている方には大きな魅力のある話です。

昨日はその補助金の募集に応募するグループでの会議に出席しました。この補助金の応募は5社以上の会社のグループ提案で無いといけないからです。このグループは「静岡パッシブパートナー会」略して「pp会」と言っています。過去3年前からグループを組んで応募しています。

もう慣れたメンバーなので、その進行は早いものです。今年も絶対に国交省に採択されみなさんに補助金をお届けすることを頑張ります。発表は6月中旬です。ご希望の方はお早めにご相談下さい。この日は集中して議論を尽くし提案書をまとめることが出来ました。打ち上げのビールは夏の様な気候も相まってとても美味しいものでした。

絶対に皆さまに補助金をお届けします!

近藤建設工業 近藤友一