十二段舞楽 近藤建設工業 近藤友一

私は麺類が好きです。世の中、ラーメンを愛する人があふれTVでもラーメン特集が組まれ、海外でもラーメンがあちこちで流行しているようです。私はラーメンも好きですが、麺類全体が好きです。ソーメン、うどん、蕎麦、スパゲティ等どの麺類も好きです。蕎麦は一時自宅でも打っていました。最近は食べてくれる人がいなくなりあまり打つことも少なくなりました。先日ジョイフルパルでめん打ち機なるものを売っていました。喉から手が出るほど欲しい機械でしたが、こんなわけで思いとどまりました。最近はネットで美味しいお店を探し出かけることにしています。特に休日は何もすることが無い時はぶらっと出かけます。

今回は遠州森町の小国神社の近くの「かんなび さん」というお蕎麦屋に出かけました。ついでに小国神社にも寄りました。ちょうど国指定重要無形文化財の十二段舞楽が奉納されていました。

今まで見たことが無い舞楽です。とは言っても舞楽のことは良く判りませんが緊張感が有ります。面をかぶっていますが、日本人特有のりりしさの中に品があります。

あいにくカメラを持っていませんでした。スマートフォンで撮りました。

どこかで見たことのあるような人です。誰かなーと考えながら写真を撮っていました。

ちょっとピンぼけですが出演前の子供の緊張感ある顔です。この様な子供に伝統が受け継がれていくこと、大変な努力が必要だと思います。

さて舞楽を堪能し、お蕎麦屋さんで天おろし蕎麦をいただきましたが、肝心の写真を撮り忘れました。最近肝心な事を忘れる傾向が有るようです。味はちょっと堅めのお蕎麦です。堅めのソーメンに似ているようなお蕎麦です。

近藤建設工業  近藤友一