平屋建ての家、その魅力とは

平屋建ての家の魅力はいくつかあります。

まず1階建てであるため、階段の上り下りが無く住む人の負担が少ないこと。
また2階部分が無く、ワンフロアのため天井を高く確保でき、それが開放的な空間を生み出してくれます。

そして家の内側、つまり内部空間と、屋外である外部空間の調和もポイントの一つ。
設計次第で景観や通気性、採光などが素晴らしいものになるという点も、平屋建てに住む人に居心地の良さを与えてくれます。

その他にも、家族の生活を感じられ、小さなお子さまがいる家庭では親の目もいき届きやすく、安心です。
平屋は小さな子どもから高齢者まで高い居住性を備えた、優しい住まいと言えるでしょう。

このように書きますと、メリットばかりのように思える平屋住宅ですが、実はその建築に際し広い土地が必要という制約が付きます。
その意味で、住宅街や街中に平屋建てを建てるのは難しいかもしれません。
十分な土地が確保されないまま平屋を建てた場合、狭い空間に家族がひしめき合い、息の詰まった生活となってしまうでしょう。
そういった意味では、広い土地があってこそ平屋。平屋は「ぜいたくな家」と言えるかもしれませんね。

最近では、平屋は若い世代にもニーズがあります。ロフトを付けたり、書斎をつけたりと、隠れ家的な空間を造り、スペースを有効に活用する住宅作りも人気となっています。
家族と一緒に過ごすパブリックな空間と、隠れ家的な、プライベート空間とを平屋に同時に求めたい方に最適なのかもしれません。

平屋は、たとえば別荘であれば、地面や自然と一体となった生活を送る事も可能です。

別荘でなくても近藤建設工業では、外部環境と一体化した感覚を引き立てる、土間やウッドデッキを設計プランに盛り込んでいます。これも、そうした開放的な生活環境を造る方法の一つです。
平屋を設計する際には半外部空間または半内部空間を大切にしています。自然と建物を融合し、自然と一体となった生活が出来る空間は住む人に安らぎを与えてくれます。
過ごしやすい時期には外へ出て食事やお酒を楽しめる、ガレージに出てちょっとした時間に車をメンテナンスする、ゴルフの練習をするなどなど。そういった敷地との一体性を活かした平屋建ては、日本人の生活になじむ、憧れの住まいかも知れませんね。