あけましておめでとうございます。  近藤友一

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

私の正月の行事は初日の出を見に行くことから始まります。この習慣は物心ついた時から始まりました。父親のバイクに兄弟3人が乗り近くの浜辺に初日の出を見に行きます。4人乗りです。危ないのですが、当時はまだ車も走っていません。それでも兄弟しがみついて乗っていました。

この習慣は今でも続いています。今では車で焼津港に行きます。今年も行きました。

日の出は駿河湾越しに伊豆半島の連山越しから出てきます。今年は少し雲があり伊豆半島が見えませんでしたが太陽の出てくるところだけが雲が切れて美しい初日の出を拝むことが出来ました。

いつもの日の出とは違います。釣りに行くときに良く日の出を見ますが今日の日のでは拝むという気高さがあります。雲の切れ目から神々しく日が昇ります。一年の願いを太陽に拝みます。たくさんの願いがあります。この時ばかりはいろいろお願いします。一緒に行った息子も呆れた表情で見ています。

日の出の次はご先祖の墓参りです。一般の家では正月に墓参りは行わないと思いますが、父の時代からこれも正月の行事です。ご先祖様に正月の挨拶を済ませそのあと神社に初詣です。

とにかく正月の元旦にすべてを済ましてしまう合理性もあります。

初詣は焼津神社です。焼津神社にでは参拝のあとこれも恒例のおみくじを引きます。今年は中吉、いつもは大吉なんですが!おみくじを木に吊るそうとしたら息子が「このおみくじには良いことが書いてあるから持って帰る。後からまた読んで気を付ける。」と言います。うん、そういう考え方もあるかと思い、私も持って帰りました。時々読んで自分に言い聞かせます。

この後一度家で家族全員で元旦の挨拶、それからジョイフルパルの安全・繁盛の祈願を行いお店のオープンです。

これで元旦の一連の行事の終了です。家に帰りゆっくりお昼。やっと正月が来ました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

近藤建設工業  近藤友一