めでたいこと    近藤友一

今日は今年最後の釣りの日です。今年はあまり海釣りに出かけられませんでしたが、今日は高校時代の友人たちと以前から約束していた釣り日です。お月用の真鯛狙いと言いたいのですが、このところ真鯛はさっぱりあがりません。真鯛どころか昔のような大漁もまったくありません。

インターネットで天候と波の高さを調べていくのですが、今日は天気は良いのですが、風とうねりがある予報です。港の中は無風状態です。天候が悪化した場合でもすぐに帰れる近場をポイントにしました。栃山川の下流、深さ70mのポイントです。

出港するとすぐに日の出のお迎えです。

そんなに波も高くないと思われましたが、釣り場に着いてしばらく経つとうねりが出てきました。同行したG君は釣りが久しぶりでダウン。

小さな鯵がポツリポツリと。以前はもっと大きな鯵が釣れましたが、最近は異常気候のせいでしょうか、大きなものは来ません。水温も冷たく黒潮が駿河湾の中に入ってきていないのでしょうか。ことしの釣りは釣果いまいちです。

うとうとしながらじっと竿を見ていると一瞬ドンと持っていかれました。そのあと少しおいて竿先が沈みます。ゆっくり巻き始めました。アタリがありますが、鯵や真鯛のアタリではありません。竿先が垂直に海の中にもっていかれます。ゆっくり、焦らず・・・・。上がってきました。赤い色をしています。大きなカサゴです。

さっそくフェースブックにあげたら、「目が出てるからめでたい!」というコメントをいただきました。そうか真鯛より良いかもと単純な私はよろこんでいます。今年も良いこと悪いこといろいろ有りましたが、最後に「目でたい」で締めくくることができました。

今年もいろんな方にお世話になりました。来年も一生懸命頑張ります。

良いお年を!

近藤建設工業  近藤友一